糖尿病の恐怖

Home | 未分類 | 糖尿病の恐怖

糖尿病でおそろしいのは、いきなり、目が失明してしまったりする病状が起きることだ。血糖値が上がって目とつながっている血管が切れてしまったりしてしまうからおそろしい。

こわいのは、誰がどう見ても、この人は病気だろうと思える体型でなくても、重度の糖尿病の人間が多いということだ。

かたよった食生活によって、太れないで糖尿病になってしまう人も意外に多い。

ファーストフードをよく食べる人にありがちなのが、痩せているのに、心臓が悪い人だ。こういう人は太れない体質なのだから、痩せているのであって内臓はボロボロの状態になっている。

私も実際に見た人間の中で、タバコの吸いすぎで、胃潰瘍になった人間を知っている。ものすごい歪んだ食生活もしていた。

マクドナルドのポテトだけを昼ごはんで食べたり、カップラーメンばかりを夕食にしていたから、ある日突然に胃潰瘍で倒れてしまった。

胃潰瘍をなめてはいけない。徹底的に治療をしないとすぐに再発するし喫煙、飲酒を日常にしている人は慢性の胃潰瘍になりやすい。

それで、胃潰瘍になった人にありがちなのが、アイスクリームやチョコレートなどのお菓子を主食に変えてしまうことだ。

特にアイスクリームなどは、不思議と胃潰瘍の人に食べやすい食べ物だそうだ。しかし、食べやすいからといって胃潰瘍の状態で、アイスクリームなどを食べ続けると糖尿病予備軍になる可能性が非常に高まってしまう。

しかも、現在はスマホが大流行だ。左手でスマホを持ち、右手でアイスやチョコを食べる習慣などがついている人が非常に多い。

特に今大人気になっている同人サークルのまろん☆まろんの作品のような刺激が強く面白いアダルト電子コミックなどを熱中して読んでいると、脳も活性化してたくさん甘いお菓子を食べてしまう。

これからの時代、スマホによる運動不足やお菓子などの大量食いなどによって知らぬ間に糖尿病になってしまう人たちがたくさん増えるに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です