月別: 2016年11月

カリフォルニアのかんばつ

Home | 未分類 | カリフォルニアのかんばつ

カリフォルニアのかんばつ問題は、もうまったなしの大問題だ。

アメリカの食料の25%がカリフォルニアに栽培される。これがいきなり栽培できなくなった場合、アメリカは食料不足に陥る。

この問題がこわいのは、カリフォルニアの人たちが、食料と水がなくなった時にどんな行動に出るかだ。

単純にアメリカの中心地などに移動を開始するだろう。

その間、とてつもない社会暴動が起きるにちがいない。そうなった場合、アメリカは内戦状態になってしまうのではないかと本気で心配する。

一気にカリフォルニアの人たちの移動が開始される理由としてアメリカでは日本では考えられないくらいに不動産情報が充実している。

日本でもイエウールなどの不動産サイトがやっと盛況になってきたが、アメリカの場合、日本の5年先を行く充実ぶりだ。

こういうアメリカの優秀な不動産サイトが内戦など関係なく自分たちの利益のためにアメリカ中の不動産を瞬時にカリフォルニアに住民に売りまくるはずだ。

日本も当然無傷ではない。

ドルは暴落するだろうし、日本の自動車などはアメリカで全く売れなくなる。

それに加えてアメリカから輸入している穀物なども日本に入らなくなる。

2017年からトランプが大統領になるが、いきなりトランプは大きな苦境に陥ることになる。

食料不足でアメリカの肥満問題は少しは解消されると思うが、内戦になると命が危なくなる。

本当にこのカリフォルニアの水不足には注目しなければならない。

アメリカの大統領選挙に肥満問題がなぜでない?

Home | 未分類 | アメリカの大統領選挙に肥満問題がなぜでない?

アメリカの肥満問題はもう待ったなしの大問題だ。子供の3人に1人が糖尿病というデータがあるぐらいに肥満問題は社会問題化している。

この問題を解決させるためには政治が主導して学校給食などに配給されているファーストフードやピザ、コーラなどを自然食品に変えないとだめだと思う。

しかし、今回、全くと言っていいほど、この肥満問題は大統領選挙の争点にならなかった。

それは、アメリカには問題が多すぎて肥満問題は10番目ぐらいの優先順位になっているからだと思う。

全くと言っていいほど、選挙で問題にならなかったわけだから、これから4年間アメリカはこの肥満問題を放置することになる。

考えるとすごくおそろしくなる。

肥満問題は、医療費を拡大させてアメリカの財政を圧迫する。そうなると、教育費や社会保障費がまた削られてアメリカの治安や社会秩序はますます崩壊するだろう。

そして、肥満が引き起こす問題で誰も言わない問題なのが美容問題だ。

誰も言わないことを書くと、ここ数年のアメリカ人女性の美しさは大暴落した。

レディガガとかのミュージシャンやマドンナそれからいろんな政治家などみんな肥満体に見える。

健康状態が悪いから肌もすごく汚い。

これはアメリカ自体の魅力を半減させる大問題だと思う。

もうアメリカ人女性に対して恋心を持つような外国人はほとんどいなくなったのではないだろうか。

いろんな製品や映画などのアメリカが得意としてきた産業にアメリカ人女性の魅力の下落は影響をあたえるはずだ。

日本の場合はアメリカほど肥満問題は深刻化していない。

そして、最近は、日本全体で健康ブームになっているし、ナチュラルで新しい科学的な考えに基づいたホスピピュアのような安い新コスメもブームになっている。

だから、これから日本女性は下落したアメリカ人女性の人気を奪ってこれから世界中でブームになるかもしれない。

日本女性の肥満の原因

Home | 未分類 | 日本女性の肥満の原因

日本人には太る才能がない。この意見はある栄養学の権威のコメントだ。

まさにその通りだと思う。日本でアメリカのような肥満体の人間たちが少ない大きな原因の1つは日本人はアメリカ人ほど胃腸が丈夫じゃないことが上げられる。

アメリカ人はハンバーガーでも何でも日本人の倍は食べている。

それだけの量を食べられる日本人はそんなにたくさんいない。

それでも、女性に関してある一部の女性たちに関してはすごく肥満な女性たちがいる。

彼女たちの生活態度を見ていると、肥満の原因は、食生活全体にあるではなく精神的なもに起因していると思われる。

つまり、極度に男性不振の状態だとか、子供のころに精神的な障害をうけて苦しんでしまったとかそんなことのストレスが原因で過食に走っているところがあると思う。

特に男性不振による過食ストレスの人口はかなりの数に上ると思う。

男性に正面から触れ合うことが何らかの精神障害でできなくなってしまった女の子は性欲を健全に処理できずに食欲にはしるところがある。

これは現代の文明病の1つだと思うが、日本社会ではだいぶ解消されたきた。

その大きな原因の1つがコスメの発達だ。

日本の化粧品はここ数年の間にとてつもなく進化した。顔のしみやたるみなどを解消する安い化粧品が消費者にどんどん提供されて今やブスな女の子を見つけることが難しい社会になってしまった。

これも日本の優秀なコスメの会社ががんばった成果だと思う。ナイトアイボーテのようなまぶたを矯正して二重まぶたにするような画期的なコスメまで開発されるようになっている。

そんなコスメの発達により自分の美しさに自信を得た女の子が大部分となり男性不振によるストレスで肥満になる女性は現在は激減している。

この流れはこれから3年から5年でもっと進むだろう。

高齢化社会による医療費が問題になっているが、このような流れは大きな援軍だと思う。