月別: 2015年12月

アメリカの田舎に住む人が肥満になっている!?

Home | 未分類 | アメリカの田舎に住む人が肥満になっている!?

今アメリカで起きている肥満問題で注目すべき問題は、田舎に住む貧乏な人たちが、非常に肥満化してきていることだ。

その原因に驚かされてしまうのだが、アメリカの田舎には野菜や果物が売っていないからだそうだ。

市場の寡占化が進んで、大型スーパーしかアメリカの田舎には存在せず、そこには、ジャンクフードしか売っていない現象が起きている。

統計によると、2350万人が歩いて野菜や果物を食べられるところに住んでいないらしい。

だから、アメリカ人の5000万人は栄養失調状態になっているという驚くべきデータがある。アメリカの入隊希望者の約25%が栄養障害のために入隊を拒否されてしまうという事態まで起きている。

先進国のアメリカでこんなことが起きているとは、信じられないことだが、これが現実なのだ。

日本はどうだろうか。日本の場合は、コンビニがいたるところにあり、よく見てみると栄養の高いものがたくさん売られているし近くにスーパーマーケットもたくさんある。

地方の新鮮な野菜もネットがあれば安値で買い放題だ。だから栄養失調など起きることがない。

スマホのゲームや電子コミックなどに狂ってひきこもりになるような人でも、食べ物はしっかり食べている。

注目すべきは、最近ブームになっている同人誌のファンは、栄養失調になるどころかお金がかからない倹約的な生活が形成されてすごく健康的で栄養価の高い食べ物を食べる生活習慣をする人まで現れてきた。

スマホの同人誌などの電子コミックは非常に安い。だから、月2000円もあれば十分に楽しめてしまう。

ういたお金でしっかりとした健康的な食事をとる人が増えたのだと思う。

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてなどの大ヒット作は生身の人間よりも魅力的なヒロインが登場する。

だから、その漫画のヒロインに満足してしまうのだと思う。これは別の角度から見るとあまり健全なことではないが、借金をせずに犯罪もせず、堅実に生活を送ってくれるのだから日本社会は大目に見てあげるべきだ。

これからインターネット社会をむかえても日本の場合、アメリカのように栄養失調になる人が多発するような事態は避けることができそうだ。

糖尿病の恐怖

Home | 未分類 | 糖尿病の恐怖

糖尿病でおそろしいのは、いきなり、目が失明してしまったりする病状が起きることだ。血糖値が上がって目とつながっている血管が切れてしまったりしてしまうからおそろしい。

こわいのは、誰がどう見ても、この人は病気だろうと思える体型でなくても、重度の糖尿病の人間が多いということだ。

かたよった食生活によって、太れないで糖尿病になってしまう人も意外に多い。

ファーストフードをよく食べる人にありがちなのが、痩せているのに、心臓が悪い人だ。こういう人は太れない体質なのだから、痩せているのであって内臓はボロボロの状態になっている。

私も実際に見た人間の中で、タバコの吸いすぎで、胃潰瘍になった人間を知っている。ものすごい歪んだ食生活もしていた。

マクドナルドのポテトだけを昼ごはんで食べたり、カップラーメンばかりを夕食にしていたから、ある日突然に胃潰瘍で倒れてしまった。

胃潰瘍をなめてはいけない。徹底的に治療をしないとすぐに再発するし喫煙、飲酒を日常にしている人は慢性の胃潰瘍になりやすい。

それで、胃潰瘍になった人にありがちなのが、アイスクリームやチョコレートなどのお菓子を主食に変えてしまうことだ。

特にアイスクリームなどは、不思議と胃潰瘍の人に食べやすい食べ物だそうだ。しかし、食べやすいからといって胃潰瘍の状態で、アイスクリームなどを食べ続けると糖尿病予備軍になる可能性が非常に高まってしまう。

しかも、現在はスマホが大流行だ。左手でスマホを持ち、右手でアイスやチョコを食べる習慣などがついている人が非常に多い。

特に今大人気になっている同人サークルのまろん☆まろんの作品のような刺激が強く面白いアダルト電子コミックなどを熱中して読んでいると、脳も活性化してたくさん甘いお菓子を食べてしまう。

これからの時代、スマホによる運動不足やお菓子などの大量食いなどによって知らぬ間に糖尿病になってしまう人たちがたくさん増えるに違いない。

アメリカの肥満問題は超深刻だ

Home | 未分類 | アメリカの肥満問題は超深刻だ

フェドアップという映画があった。4人の子供がどうして太ってしまったかを調べるドキュメンタリー映画だ。

4人とも重度の糖尿病になっており、運動をしてもなかなかやせない。そこでこの映画で詳しく調べたところ肥満には糖質が非常に問題だということがわかった。

アメリカの子供は3人1人が肥満で糖尿病の予備軍だそうだ。この問題は深刻で、アメリカの医療費を食い潰してしまうぐらいに、糖尿病は大問題になっている。

びっくりするのが、学校給食の中に糖質と炭水化物がたっぷりと入ったジャンクフードがジャンジャン入っている。コーラ、ジュース、フライドポテト、キャンディー、ゼリーとまるで、給食ではなくておかしが配給されている。

学校給食では75%がジャンクフードになっているそうだ。

こんなことで本当にいいのかと思ってしまうが、ファーストフード業界が学校に多額の寄付金など払って若い時からジャンクフード中毒にしてしまう意図があるらしい。