カリフォルニアのかんばつ

Home | 未分類 | カリフォルニアのかんばつ

カリフォルニアのかんばつ問題は、もうまったなしの大問題だ。

アメリカの食料の25%がカリフォルニアに栽培される。これがいきなり栽培できなくなった場合、アメリカは食料不足に陥る。

この問題がこわいのは、カリフォルニアの人たちが、食料と水がなくなった時にどんな行動に出るかだ。

単純にアメリカの中心地などに移動を開始するだろう。

その間、とてつもない社会暴動が起きるにちがいない。そうなった場合、アメリカは内戦状態になってしまうのではないかと本気で心配する。

一気にカリフォルニアの人たちの移動が開始される理由としてアメリカでは日本では考えられないくらいに不動産情報が充実している。

日本でもイエウールなどの不動産サイトがやっと盛況になってきたが、アメリカの場合、日本の5年先を行く充実ぶりだ。

こういうアメリカの優秀な不動産サイトが内戦など関係なく自分たちの利益のためにアメリカ中の不動産を瞬時にカリフォルニアに住民に売りまくるはずだ。

日本も当然無傷ではない。

ドルは暴落するだろうし、日本の自動車などはアメリカで全く売れなくなる。

それに加えてアメリカから輸入している穀物なども日本に入らなくなる。

2017年からトランプが大統領になるが、いきなりトランプは大きな苦境に陥ることになる。

食料不足でアメリカの肥満問題は少しは解消されると思うが、内戦になると命が危なくなる。

本当にこのカリフォルニアの水不足には注目しなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です