日本女性の肥満の原因

Home | 未分類 | 日本女性の肥満の原因

日本人には太る才能がない。この意見はある栄養学の権威のコメントだ。

まさにその通りだと思う。日本でアメリカのような肥満体の人間たちが少ない大きな原因の1つは日本人はアメリカ人ほど胃腸が丈夫じゃないことが上げられる。

アメリカ人はハンバーガーでも何でも日本人の倍は食べている。

それだけの量を食べられる日本人はそんなにたくさんいない。

それでも、女性に関してある一部の女性たちに関してはすごく肥満な女性たちがいる。

彼女たちの生活態度を見ていると、肥満の原因は、食生活全体にあるではなく精神的なもに起因していると思われる。

つまり、極度に男性不振の状態だとか、子供のころに精神的な障害をうけて苦しんでしまったとかそんなことのストレスが原因で過食に走っているところがあると思う。

特に男性不振による過食ストレスの人口はかなりの数に上ると思う。

男性に正面から触れ合うことが何らかの精神障害でできなくなってしまった女の子は性欲を健全に処理できずに食欲にはしるところがある。

これは現代の文明病の1つだと思うが、日本社会ではだいぶ解消されたきた。

その大きな原因の1つがコスメの発達だ。

日本の化粧品はここ数年の間にとてつもなく進化した。顔のしみやたるみなどを解消する安い化粧品が消費者にどんどん提供されて今やブスな女の子を見つけることが難しい社会になってしまった。

これも日本の優秀なコスメの会社ががんばった成果だと思う。ナイトアイボーテのようなまぶたを矯正して二重まぶたにするような画期的なコスメまで開発されるようになっている。

そんなコスメの発達により自分の美しさに自信を得た女の子が大部分となり男性不振によるストレスで肥満になる女性は現在は激減している。

この流れはこれから3年から5年でもっと進むだろう。

高齢化社会による医療費が問題になっているが、このような流れは大きな援軍だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です